Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dコペルニクスの鏡

いつも月に一度出かけている場の研究所の勉強会。
今回は清水先生の新しい本が出ました。
大人にとっても、きっと子どもにとっても楽しい哲学書になっています。

阪神淡路、中越震災、そして今回の3.11の東日本大震災など、災害に思いを寄せる方たちとともに「いのち」の居場所とつながりについて考えてみたい本になっています。


コペルニクスの鏡コペルニクスの鏡
(2012/03/19)
清水 博

商品詳細を見る



イメージ写真がなかったので写真を撮りました。素人なので、ライティングが上手くいっていませんが、こんな本になっています。

コペルニクスの鏡改訂

とても深い話になっています。この中で、被災地のボランティアに触れて阪神淡路の時に感じた不思議な感覚とその感覚が読み解かれているように感じました。

それは、現地から帰る時、新大阪の駅から新幹線に乗る時に平常に戻った新幹線の中の人たちに「あのー、神戸は被災しているんです。埃っぽく、また、まだまだ多くの方が避難所にいらっしゃるんですよ。その中では、靴はハイヒールではなくてズックでしか動けず、服も雨合羽やリュックが一番動きやすいんです。が、他のところでは違うんですね。」と何だかタイムスリップしたような不思議な感覚でした。局所的に被災をしたからかもしれません。ほんの数十分で違う世界。
そんな不思議な感覚と同時にその感覚をもう一度思い出させてもらった気がしました。

日本は年間に30000人もの自殺者を10年以上にわたって出しています。近年はその年齢が下がってきていることも問題視されていますが、まだまだ十分な対策が出来てはいません。
「生きていく」ということと「生きている」ことの違い。それは私たちの気持ちを、考えをこれまでのものと変えていかなければ変わらないのだとつくづく感じました。


そして、生命への問いかけを子どもたちとともに考えてみたい本だと思います。この本も何度も何度も読み返してもらいたい本です。



10歳以上のお子さんであればその深さはわからなくても、十分に楽しんでいただける本だと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dプロフィール

まきの しょうこ

Author:まきの しょうこ
http://tunagu-tumugu.com

D天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Dカレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

D最近の記事
Dリンク
D見てくれたひと
D月別アーカイブ
Dブログ内検索
Dブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。