Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dさすが!長谷製陶です

伊賀焼の土鍋

きやっせの一番のみっけ物は、ピノコッペにとって伊賀焼の土鍋で、特に"長谷製陶の土鍋"は以前から欲しかった。「へぇ??伊賀焼?」って思われる方もいるかもしれないのだが、炊飯用の土鍋を買おうと思った時も"伊賀焼"って思っていた。しかし、訪れた店にはなくて結局信楽焼の土鍋が気に入って購入した。そんなに土鍋ごときに違いがあるのかと思われるかもしれないが、土が違うので料理によってはやはり違いがある。厳密に言えば、らしい。「らしい」というのはそこまで使い込まずに割ってしまったものもあるし、まぁピノコッペの腕ではねぇ…。
しかし、伊賀焼は料理人の間では本物の調理器具として好まれてもいる。
伊賀焼は琵琶湖の土を使って焼かれた焼き物で、江戸時代から土瓶や土鍋で有名な焼き物だ。(忍者だけではないのですぞ!古くから酒も有名だしね。)もしひびが入ってもそれが土物の特徴の上に調理器具としては秀作との評判だったので、販売員の方のおかげで終了間近ということもあって安く手に入れることが出来た。
まずはおかゆを糊状になるまで炊いて、冷めるまで待って気孔をふさいでからお野菜の蒸し料理や吹かし料理に挑戦した。
かぼちゃは本当に甘味が強く出て美味しいし、この時期の空豆はふっくらして甘味がいい。無駄な調味料など必要なく、そのままかあるいは塩のみでいただく。"温野菜"がこんなに食べやすいとは…。再発見である。

セラミクスは

セラミクスは焼いてしまうと自然には帰らなくなる。だから、欠けたり、ひびが入ってしまっても捨てるわけにはいかない。粗ゴミや不燃物としてすてることになる。壊れないように注意してもなかなかそうはいかない。
しかし、萩焼などは最初水漏れをするが、水が目に詰まってそのうち漏れなくなる。これを繰り返すとひびが入ってもず?と使える一生物のお茶碗になる。これがまた、味になる。"これ"という器や調理器具の"直し屋さん"がいてくれればとつくづく思う。

魯山人はすごい

この"お直し"を魯山人が芸術の域にまで高めている。すごい!あえてひびを入れることは自然のなせる業で出来ないだろうが、ひびが芸術になっていることは確かだ。
魯山人とまではいかずとも日常の食器を直す。中国映画の「初恋の来た道」でもこの陶器の"直し屋さん"が登場する。大切なものを大事に使う。このリフォームが流行ればいいのになぁと思う今日この頃なのだ。
スポンサーサイト

D大好きな場所

箱根は大好き!

箱根の仙石原はピノコッペにとって大好きな場所のひとつだ。まずは"湿生花園"
ここは自然の形そのままに残されている低層湿原で、本州では唯一の場所だ。高層湿原としては尾瀬や上高地が有名だが、この箱根の湿生花園は低層湿原にあたる。
戦後箱根に多くのゴルフ場開発の波が押し寄せる中、昭和天皇が自ら残したいと申し入れをしたというほど貴重な湿原だ。自然が発展していく様子を研究しようという取り組みがなされていて、園の中には観察やぐらがある。また、園を歩くと名札が立っているもののそこには何もない場所がいたるところにある。季節が来ればそこに草が顔を出すという季節の移り変わりを名札で感じることが出来る。かつて昭和天皇が"雑草という草はない"というお言葉を残しておいでだが、まさにそれが体感できるのだ。人工的なものを加えない。鑑賞だけの為に花を植えたり、抜いたりしない。遠くに走る車の音も聞こえてこない、静かなポツンと自然の中に居られる場所である。しかし、自然は美しい、寂しさは感じない、至福の時を感じる場所だ。

せせらぎの庭

もうひとつは、箱根湿生花園のほど近くにある小田急ハイランドホテルの庭だ。この庭はピノコッペにとってホッとする、楽しい気分になるお庭だ。湿生花園の場合には鑑賞だけでなく、観察研究の対象でもあるだけに靴の裏に付いた土にも気を使う。外部からの種がこの湿生花園の花々を傷めてしまうのではないかとか思うし、例え鳥がフンとして運んできたとしてもそれは自然のなせる業だとも思うが、事人間となると…。その点、ハイランドのお庭は観察庭ではないから気が楽である。
もともとここは三菱の創始者、岩崎 弥太郎氏の別荘で当時御家族で楽しまれたであろう事が偲ばれるお庭が残っている。ロビーのある建物からなだらかに傾斜した芝生は、アルプスの少女ハイジの中に描かれている「芝生の板スキー」をほうふつとさせるものでグリーンが美しい。(きっと子供の頃にこの庭で遊ぶ事が出来たのであれば、この遊びで楽しんだであろうとピノコッペが勝手に思っている)
ロビーにある喫茶室から見えるこのなだらかなグリーンの先にある箱根らしい木々たちが、より一層この色を浮かび上がらせている。そしてこの芝生を抜けると緩やかな階段があって、その下にはピノコッペが名づけた「ブランコの木」がある。その先はせせらぎが聞こえてくる川があるし、自分の背後には春まだ浅いと水芭蕉を間近に見る事ができる小川が流れて、庭の中でこの下の川に流れ込んでいる。上手にまだ鳴けない鶯などの鳥の声を聞きながら、木漏れ日を楽しむと"充電"の気分と大げさに言えば、生かされている気分なるから不思議だ。
箱根の木々は八ヶ岳などと違って鬱蒼としている。しかし、その木々がもたらしてくれる楢やブナの木々が持つ豊かさを思いっきり深呼吸してきた今日この頃なのだ。

D春爛漫だね

春、爛漫だね



きやっせも終わってもう四月に入っているのにブログも更新しないで一体何をやっているんだって!っていうお叱りも御尤もだけど、だって春爛漫なんだもの。お花がきれい。青葉の最もきれいな時だから外に出なきゃ損でしょう!
ピノコッペはこの時期が大好き!まだ寒い時に咲いている梅の花も好きだけど、そこを皮切りに次々と花の季節になる。そして美味しい季節になる。ふきのとうやのびる、菜の花につくし、そして春の代表選手"タケノコ"。この季節になると木の芽!はぁ、春の風が美味しい物を運んできてくれる。春のお味はちょっとほろ苦いけど…。
070401_1536~001.jpg

写真はピノコッペが大好きな箱根の湿生花園の水芭蕉。箱根にも春が訪れていました。この水芭蕉もゴールデンウィーク頃には"おばけ水芭蕉"に成長してしまう。今年は学芸員の方の話では温度変化が激しいのでなかなか見頃を読む事が出来ないとか…。桜の開花はデーターのインプット間違いだったけど、こんなところにもおかしい変化が現れているのかも…。

苦味がいいね

甘味は旨味って言うけど、最後の味覚は"苦味"。これは大人にならないとわからない。人生の苦味がわかると、舌も苦味を感じるようになるのか?舌が苦味を感じるようになるから、人生の苦味を感じるようになるのか?"春の苦味"を楽しめる歳になったのだなぁとつくづく思う。

酢味噌和えが美味しい!

春のものには"酢味噌"がいいね。白味噌の中にはとても甘いものがあって、お酢を入れてもどうもピノコッペには甘さが勝ってしまう感があるのだけれど、やはり酢味噌は白味噌を使いたい。だから、口に合う白味噌を探した。ピノコッペには石野の白味噌がちょうどよくて、いつもこれを使っている。
ちなみに白味噌は西京漬としても使う。鰆やタラ、鮭、イカなどを漬けて西京漬としていただくこともあるのだが、こちらは粒の入った味噌と酒かすをあわせるのがいい。しかし粒の入った白味噌、これがないんだなぁ。白味噌として一般にスーパーなどで売っているのは粒の入っていないものなので、どなたか粒入り白味噌のメーカーを教えてほしい。
濾した白味噌は酢味噌などにはよく使う。味噌をお酢とちょっとの出汁を足してのばして、仕上げに芥子を入れて芥子酢味噌にしたりする。ほたるいかなどの水の出るものを使って、硬いほうがいい時には出汁を控える。ゆず果汁を使うときにも出汁は控え目。ともかくお味を見ながら作るんだけど、これが春のものとよく合う。木の芽を擂って木の芽味噌にしてタケノコと合えたり大活躍の白味噌だ。だから、毎日酢味噌和えなどの白味噌を使った料理は一品食卓に並べる。魚介類にもあうしね。今が旬のやりいかにもこれから並ぶ(本当は梅雨の時期のはずなんだけど、今年はすでに魚屋さんに並んでいる。)とり貝にも山菜と和えて食べる"酢味噌和え"は格別!春はいいなぁ?!そして、日本人に生まれて、またよかった!って思える今日この頃なのだ。
Dプロフィール

まきの しょうこ

Author:まきの しょうこ
http://tunagu-tumugu.com

D天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Dカレンダー
02 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

D最近の記事
Dリンク
D見てくれたひと
D月別アーカイブ
Dブログ内検索
Dブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。