Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D少子化で何が問題?

代理母の問題は

ピノコッペにはわからない問題なんだけど、ここしばらく代理母の問題がニュースでよく取り上げられる。推理小説などで以前から取り上げられていたり、誰だったかも10年以上前に代理母の問題で禍々しかったことがあるように記憶している。しかし、50歳の自分の母に代理母になってもらって、出産すると言うのは…。

心から子供が欲しいと願う気持ち

大好きな人と結婚をして、癌の為に子宮を失ってしまい、そのために人工授精の上代理母になってもらう。気持ちは分かる。しかし、"為らぬものはならぬ"という自然の真理をこれからは教える事は出来なくなるってことなのかぁ。自分の願いは何をしても、どんな方法を使っても成就させる。これが正しいってことになるのかなぁ。その上にいま子供がいない人は、全て選択の自由によって"子供を選ばなかった人"になるのかなぁ。
向井アキさんの言葉はとてもわかりやすかった。"高田という人の(大好きな人の)DNAを残したいから…"という言葉だ。その中には『それは全て私のわがままなんです』という言葉が含まれていて、痛々しかった。気持ちは解かる。
前から話すようにピノコッペには子供がいない。だから、子供のことを言われても"わからない"のだ。"大変だ"これは容易に想像はするものの"どれだけ?""どんな風に?"って言われてもわからない。それに人によっても表現が違う。子供の個体によっても違う。だから、大変って言われても"そうなんだ"って思うしかない。考えるしかないのが現実なのだが…。

何が問題?って考えてみると

少子化によって税金や年金の問題が大変って言う人がいるけど、これはそれにあわせた人数の国や地方のあり方があるのではないのかなって思う。公務員の数もそれにあわせて減る。そこでそれまでの借金が累積されていて、それを人数が減る事によって負担が大きくなって…って考えるのはお役人の言い訳をそのまま鵜呑みにしていないかなぁって思うのだ。そもそも、この国の食料自給率が50%になっている事から考えると半数の人たちが食べられないようになっている現実は?考えている?それにこれからはロボットだって労働に積極的に手助けをしてくれるようになると考えると、そもそもこの国と国土にとっての人口がどれほどであれば適切なのかってことになる。今は空前の大人口時代である。これからはその上に高齢化が始まる。だから???である。歳をとれば医療費がかかるとか問題はあるが、それが即次世代の借金になるとは思わない。
人口減少はしばらく前までわが国だけではなかった。先進国の抱える病といってよかった。しかし、豊かに迎える老後は子供がいることとはイコールではない。
国土と人口、自給率、この答えを出そうとはしていないのに、子孫繁栄(少子化問題)を思うのは、…と思う今日この頃なのだ。
スポンサーサイト

Dやっちゃったんだね!

北が核実験だって!

震度3だから本当に核実験が成功したのかどうか疑問の残るところだろうが、ピノコッペは必ず核実験を実行するだろうと思っていた。何故なら仲良しのロシアの経済を救済したのは、取りも直さず"鉄のカーテンの中に閉ざされた核実験"だったからだ。

ロシアとパキスタンの交渉に見習え!

中国は拉致なんてしなくても、残留孤児がいた。その上、あの戦争での被害者であるという立場があるから、戦後に朝鮮戦争によって出来た北朝鮮なんていう歴史の浅い国にとって先輩である大国二国の交渉は学習のよい(?)手本になっているし、小国パキスタンの核を巡る動きは勉強になったはずだ。特にあのロシアは歴史も国の形態も変更しながら"核"というものを周辺の国々や西側に有効にカードを切っているといっていい。経済危機が叫ばれた時にもウクライナなどの核実験やチェルノブイリは西欧にとって脅威になった。だから経済援助を受けながら、負の遺産を切り離し、ロシアの現体制は維持すると言うやり方は学ぶべきものがあると考えているのだろう。周辺の核の汚染の恐怖はあのイギリスやフランスでさえも、有効にロシアへの経済援助を引き出して、あたかも権力の変更があったように見える(ソビエト連邦と言う名前は捨てたが、ロシアの中核は何も変わってはいない)ようにカモフラージュしながら金正日は生き延びられると考えているのだろう。核汚染された松茸やアサリなんて誰も食べないが、わからなければ食べてしまうのだ。今や経済封鎖など怖くはない。パキスタンも核実験を行ったときには経済封鎖があった。しかしその後うやむやになってしまった。持つべきものは友ではなく、"核"なのだ。そして、あえて中国から韓国への安倍の移動中という時間を見計らって(中国や韓国の顔はこれでつぶれてはいない)実験を行ったのだろう。これから、中国はこの核の恐怖の尻拭いに日本を巻き込んで対応していきたいためにどうしたって、ヨイショしてでも安倍総理訪問を実現したかったのだろう。"核の拡散"は止められない。今のままでは…。だから、平和憲法を唱えている方々は何と思うのだろうか?

外交が弱いから

ここのところをみていると、ともかく外交ベタな日本が浮き彫りになっている。韓国に着いて、韓国大統領と会見して後すぐにもう一度北の動きにあわせて、取って返すように中国入りをして日本と中国が親密になっている事をアピールだけでも出来れば、情勢は変わっていると思う。日本はこれほど本気!中国はTVコメント以上に真剣に怒っていることをアピール!である。
しかし、まかり間違えたって『おたくの核実験は失敗だったのではない?』なんていうコメントは相手が成功したと言っている限り疑う事のないように、公式コメントからは外してもらいたいと思う今日この頃なのだ。

Dきれいな月夜だったね

昨夜は

きれいな月夜だったね。
夜中に目が覚めて家の中が明るいから外を見たら、きれいなお月様だった。中秋の名月は見られなかったけど、これならば、本当のお月見にふさわしいお月様だった。思わず"月の砂漠"を口ずさんでしまった。

1 月の沙漠を はるばると
  旅の駱駝(らくだ)が ゆきました
  金と銀との 鞍(くら)置いて
  二つならんで ゆきました

2 金の鞍には 銀の甕(かめ)
  銀の鞍には 金の甕
  二つの甕は それぞれに
  紐(ひも)で結んで ありました

3 さきの鞍には 王子様
  あとの鞍には お姫様
  乗った二人は おそろいの
  白い上衣(うわぎ)を 着てました

4 広い沙漠を ひとすじに
  二人はどこへ ゆくのでしょう
  朧(おぼろ)にけぶる 月の夜を
  対(つい)の駱駝は とぼとぼと

  砂丘を越えて ゆきました
  黙って越えて ゆきました


これからこんなお月様が見える日が増えてくるけど、シーンいうと音が聞こえてきそうなプラチナカラーのお月様は暗い夜道を歩く、寒い夜のお供だなぁって思う。こんな時ピノコッペは"世阿弥のようだ"と思って楽しくなるし、悲しくなる。自分の頭の上にぽっかり穴が開いていて、この素晴らしいお月様を目が覚めた時に愛でる事が出来ればって思う。自分のベッドを季節によって動かす事なんて出来ないから悲しい。別にそれが出来るようなリッチな生活ということではなく、自然の中にいることが感じられる生活がしたいなぁって思うからだ。
おはぎも食べたいし、この舞台になっている御宿は今頃は伊勢海老の美味しい時期だろうから行ってみたいけど、久しぶりに食い気よりも月光に酔った今日この頃なのだ。

Dピンクリボン月間だって!

ピンクリボンデーって知っていた?

エステローダーがメインスポンサーになっている乳がんの撲滅デーなんだって。アメリカではイチロウもこのピンクのリボンをユニフォームの一部につけてプレーしたり、日本では東京タワーが、神戸のポートタワーが協力してピンク色にライティングするイベントを開催している。ピノコッペにとっても他人事ではない。全ての女性が他人事ではない筈だ、そして女性と付き合う男性にとっても…。以前「乳がんは旦那様の責任!」なんて事を言われたことがあるがそんな甘いものではない。乳がんにだって色々なタイプの癌があるから十羽一絡げに言えるものではない。特に本人にとって見ると…。

女性のシンボルだから…

ピノコッペが行くスポーツクラブにも「乳がんによって乳房切除」をした方がいる。とても明るくて素敵な方なのだが、片方の乳房を切除していて、切除から7年になる。彼女の場合、乳癌がわかった時にはリンパ節が近いから転移が考えられるのだが、20個もの癌細胞が無数にそのリンパ節周りにあった。そこで、片方の乳房の全摘となった。
彼女の系質に"癌"で亡くなった人はいない。だから、『まさか自分が癌になるとは…』と思った。年齢も関係ない。子供の有無や母乳で育てたといった育児経験も関係がない。その上に乳癌は他の癌と違って潜伏期間が長く、10年間は安心できないそうだ。だから、7年という期間を経ても彼女はまだ安全圏になったわけではない。10年は長い。いつも“再発”のことが頭をよぎる。そんな彼女から聞いた乳癌発見の時の話は衝撃的だった。
全摘出を告げられ、今後の計画を聞いた時に頭によぎったのは「死んでしまうのは怖くない。でも、生きていくのが辛い。」と。乳房というのは女性のシンボルだ。それを失うのは想像しても辛い。だから、この癌には自殺者も多い。また、10年間もの間、家族への治療や再発防止への負担をかけることになるのもこれもまた、辛い。彼女は言う。"これからは楽しい日々を"と考えて、すでに定年退職をしていたが、再就職をしていたご主人と共に楽しい事と平穏な日々に切り替えた。幸いな事にこの7年の間に、一人息子が結婚、孫が出来て今は時々は忙しいものの有意義な日々を送っていると、"覚悟の出来た"彼女は言う。そして彼女の場合はそれ以前から入っていたクラブに通い、元気な姿を見せる事と癌の活発要因(肥満もその一つ)にならないように、体を冷やさないようにクラブでの簡単なトレーニングやエアロビクスとお風呂を楽しみにしている。そんな彼女に休みの日や早く仕事が終わった時にお会いして色々なお話が出来る事はピノコッペにとっても楽しみに感じる今日この頃なのだ。

(ピンクリボンの支援組織は日本では「あけぼの会」があります。)

D紅玉リンゴだ!

紅玉リンゴの季節到来

リンゴの季節が到来した。その中でも元々の在来種でこの時期にしかないのが"紅玉"。でもこの紅玉リンゴは味に酸味が強く、甘味が少ないなどの理由から消費が落ちて、今や生産者が激減。傷つきやすいってこともあるのだが、生で食べる事の多い日本人にとっては「この酸味がねぇ」ってことで減ってしまった。だから、出荷量も少なく、今のこの時期に何度か店頭に並んだら、すぐに別のリンゴに売り場は変わってしまう。もちろんケーキ屋さんなどはアップルパイを作るから購入量はそこそこは見込めるのだろう。ピノコッペも生でリンゴを食べることが多いから、この"紅玉"はたまに買うくらいだった。しかし、今年は気合を入れて、購入してみた。

リンゴのコンポートを作りました

今日は知り合いの方のお誕生日だから、本当は頼まれていた刺繍を施した小物入れをお渡ししなければならなかったのだけど、何故かこのバックのいい図案が浮かぶのが遅くなってしまって、まだ製作途中になっている。だからって訳ではないのだけど、このコンポートでも差し上げて「罪滅ぼし」でもって思ったわけではないが、朝の食卓などにヨーグルトと一緒に食べてもらおうというわけだ。余りにも簡単だから"こんなものなら自分で…"って思われるかもしれないけれど、ほれそこは…。
超簡単リンゴのコンポートなので、レシピ教えちゃいます。
ついでにせっかくだからこの際、皆さんも作るときには紅玉リンゴを使ってね。(ピノコッペは果樹農家の方から何かもらっているわけではないけど、常々果樹農家と米の生産者には敬意しきりです。だって、二毛作って出来ないものね。一年間の苦労が実を結ぶって感じでしょ、あの果物たちを見ていると…)

リンゴのコンポートの作り方

紅玉リンゴ 3個
白ワイン 350cc
水 500cc
グラニュー糖 125g
レモン果汁 大匙3杯
干しレーズン 適宜

お鍋にリンゴ以外を入れて、温めます。
リンゴは皮をむいて、8等分にしておきます。
沸騰したら、リンゴを入れて10分ほど煮ます。(串を刺してすっと通れば出来上がりです)最後に干しレーズンを入れて冷蔵庫で冷やして出来上がり!
アイスクリームの脇に添えても美味しいし、先に言った様にヨーグルトに入れても美味しい。パンにつけても美味しいから"煮る"って手間はかかるけど、冷蔵庫に入れておけばかなり長持ちするから楽しんで食べてもらいたいと思う今日この頃なのだ。
Dプロフィール

まきの しょうこ

Author:まきの しょうこ
http://tunagu-tumugu.com

D天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Dカレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Dメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

D最近の記事
Dリンク
D見てくれたひと
D月別アーカイブ
Dブログ内検索
Dブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。